2015年9月6日日曜日

そうめん流してみました!


こんにちわ。2学期に入って急に涼しくなりましたね。

そんな中
2015年9月1日-2日

「流しそうめん大会」が開催されました。
新校舎となって初開催です。。

例年ですと7月開催ですが、悪天候の影響で今年は9月開催です。

おやじたちも毎年お手伝いです。



①そうめんマシン
年に一度、倉庫から登場です。

トラブル防止のため
事前にメンテナンス済みなのであります。












②そうめん受け
漏れちゃったりするので
ブルーシートも活躍です。














本部や役員の皆様も準備中

③そうめん洗い
茹でて洗わないと食べれません。

各学年いるので小分けもこのタイミングです。

④そうめん設置
会場にもって行ったり
流し台各レーンに配置したり
めんつゆ準備したり
箸用意したり、、、



ご苦労様です!! ( 。`・д・)











いろいろ完了したら
あとは子どもたちに流して終了

      
⑤そうめん流し

流すだけでいろいろやることあるんですね!


















皆さん、お疲れ様でした!!

2015年5月22日金曜日

おやじと遊ぼう


2015/5/16(土)

学校公開日の放課後、一小体育館で

おやじ達の会主催 「おやじと遊ぼう」を開催しました。


①ペダルバイクで遊ぶ
難しいんです。(T T)















②キャタピラで遊ぶ
ダンボールのやつです。
外でやると怒られるかもしれません。(t o t)









③フラフープで遊ぶ
自分はうまく回せません(号

④一輪車で遊ぶ
一輪車で応援団が北海道まで行く
某野球漫画があったことを思い出しました。













あつまってくれたこどもたちとその保護者の方 ありがとうございました。
お手伝いいただいたPTAの方 ありがとうございました。
おやじの皆さん お疲れ様でした。


 今年度からIT担当となった坂本(4年)です。前任者を引き継いでブログやっていきます。
 よろしくお願いします。

2015年3月28日土曜日

新校舎(2015年3月)

IT担当も6年生と一緒に卒業です。
だからという訳でもありませんが、撮りためた新校舎の写真を公開します。
新学期からは、新築、改築されたきれいな校舎で全児童が授業を受けることになります。

これは保健室です。
校庭に面した掃出し窓は、外でけがをした児童が傷口を洗って保健室へ入るための水道が付いています。
写真中央右側の緑色のジョウロのところです。

保健室の掃出し窓のところにある傷口洗浄用の水道です。

実は、旧校舎より幅が狭い階段。

西階段の窓の開閉金具に注意書きが貼られています。
内覧会では見られなかった児童向けの注意書きになります。

ボール入れ?のはずです。

配膳台の仕舞場所。
旧校舎の頃はちょっと邪魔だったらしいのですが、仕舞場所ができてすっきりしたそうです。

テレビも付きました。

配線です。今どきですね。
WiDiとかワイヤレスはまだ普及していないようです。

時計です。
旧校舎の頃から使っていた懐かしい時計。

こちらは、新校舎に備え付けの真新しい時計。

図書室も本が入り、机も並びました。

パソコンの部屋も明るくちょっとおしゃれになりました。

ブログのラベルの「カステラ」は見た目からきています。
色遣いが、プリン!でも四角いからカステラ、と子どもたちが話題にしていたようです。
ちなみに、撮影時の発電電力です。



終業式には使えるようになっていた新しい門。

2015年2月20日金曜日

いなちち、一小読み聞かせで絵本を読む 第2弾

いなちち、読み聞かせの会「のはら」コラボ企画第2弾です。
今回は4年生のクラスで読み聞かせです。

読み聞かせをしていただくのは、前回に引き続き、城小、三小読み聞かせの会おむすびころりんで読み聞かせをしているお父さんです。

のはら指定の「あいつもともだち」を読んでいるところ

そして、2冊目は、十八番(おはこ)の「うんちっち」です。


後日、このクラスのお友達の女子に感想を聞いてみたところ、
「いつもとちょっと違ってて面白かった。」
だそうです。
一小おやじ会でも読み手になる人いませんかー。

2015年2月6日金曜日

いなちち、一小読み聞かせで絵本を読む

いなちち、読み聞かせの会「のはら」コラボ企画として、城小、三小読み聞かせの会おむすびころりんで読み聞かせをしているパパにお願いして、一小で読み聞かせをしていただきました。
写真撮影は、クラス担任の先生にお願いしました。

絵本を読むためのエプロンがベテランの域ですね。


パパ目線での読み聞かせは、子ども達にも新鮮だったようです。
六年生なのであまり表には出さないようですが、シリアの話や絵本をさらにもう一冊「はじまりの日」を読むなど、いつもと違う読み聞かせは良い刺激になったのではないでしょうか。
ちなみに、シリアは外務省から退避勧告(2/7現在)が出ています。

シリアの母国語アラビア語のあいさつ「اَلسَّلاَمُ عَلَيْكُمْ」を紹介しているところ。

一小読み聞かせの会「のはら」は、学年で同じ絵本を読むようにしています。
なので、ボランティアのお母さんたちが、いままでに読み聞かせをした本や子どもたちに聞かせたい本をみんなで選んでいます。

この日は「フレデリック 」でした。
レオ・レオニ作(代表作のスイミーと聞けば大人でも知っている方は多いはず)です。

2015年1月24日土曜日

一輪車・ペダルバイク教室

「第1回 一輪車・ペダルバイク教室」と題して体育館で一輪車、ペダルバイクの練習を行いました。
元世界チャンプを迎えて、一輪車ファン(って誰?)で会場は盛り上がりました。

まずは、朝日小学生新聞の記事から。
稲城一小おやじ達の会、全国制覇です。
これも、「一輪車のお店」ミズ株式会社のおかげです。

そしてこれが、噂のペダルバイク!
一輪車置き場にひっそりと置かれています。
みなさん、気づいていますか?


ここから、一輪車・ペダルバイク教室の当日の様子です。

印刷から花(ティッシュの)は手作りです。
パネルは学校のものを借りています。
練習が始まったところです。
幼稚園年長1名含め63名の子どもたち、36名の父兄参加で、体育館は熱気に包まれています。
みなさんご存知の一輪車です。
室内ならこんな置き方が安定します(プロの小技)。
スポンジの保護材です。
配線の保護に使われます。
お求めはホームセンターで。
こんな感じでペダルの外側に貼り付けます。
これで、転倒しても床を傷つけません。
このように、最初からゴムのカバーが付いているタイプもあります。

先生も挑戦!
いつもの戸田建設の業務用コーンです。
JVはJoint Venture
最後の記念撮影です。
お子様と世界チャンプの集合写真。
こちらは、保護者も一緒に記念撮影です。
撮影者は、インターメディアリーの社長です。

ブログの最後は、世界チャンプの演技です。
って、黒とピンクのトレーナーに黒のジャージで一輪車をハコ乗りしているのがチャンプですが、小さすぎでよくわからないですね。。。

なお、一輪車、ペダルバイクのご用命は、一輪車のお店 ミズにて承ります。

2014年10月26日日曜日

攻略いなぎ城(Ina1 IT Manager's Cut)

10月26日(日)の「第13回 Iのまち いなぎ市民祭」にいなちちによる「攻略いなぎ城」の準備の様子です(今回は参加者の皆様の参加の様子も)。

写真の枚数などバラつきがありますが、撮影者が回ったタイミングと各出し物の担当者に捕まると枚数が増えるなどの偶然による結果です。ご了承ください。


受付
準備中です。

壱、通り抜けの術
準備中です。

弐、階段修行

参、壁のぼりの術

壁のぼり、作業中のお父さんたちです。

こちらも壁のぼり、準備中。

四、空中移動の術

空中移動の術、ワイヤーです。

空中移動、ワイヤーを木に括り付けているところ。
木を傷めないように毛布で幹をくるみます。

空中移動、ワイヤー張り全景

六、空中の術

空中の術、ロープ張り
消防団仕込みの本格派です。

八、的当ての術
始まる直前なので誰もいません。

ゴール、いなぎ城
大道具置場です。
参加者からは見えない場所です。

「ほうび」のお菓子(一部)
これは、うまい棒

いなぎ城築城の様子
一夜城です。
といっても、準備は一小のお父さんがこつこつ作り上げたパーツを、早朝から組み立てて造りました。

築城の様子、その二
みんなで手助けして仕上げます。

これが、お城の様子
今年は3Dです。

集合写真(直後)といなぎ城
忍者勢揃いです!

始まりました。
立派なのぼりと看板、そして衣装は自前の忍者たち。

壱、通り抜けの術
お昼時なのでちょっと参加者が少ないか。

参、壁のぼりの術
小さい子は親御さんがフォロー

四、空中移動の術
大盛況?です。

伍、風雲いなぎ垰

こんな、崖を登ります。
ロープがあるので、小学生なら自分で登れるくらいです。
でも、崖です。坂じゃありません。

崖の上から撮影。
ほら、崖でしょう。

崖の上の子ども忍者です。
スタンプ押しの手伝いです。

六、空中の術
立て看遠景

立て看アップ

小学校三年生くらいでしょうか。
なかなか楽しそうです。

七、石垣登りの術
横に坂道がありますが、そこをあえて石垣のところを登るのです。

八、的当ての術
ストラックアウトです。
こうして投稿してみると本当にばらつきがあって申し訳ありません。
雰囲気だけでも感じてもらえればと思います。